AIに負けない人になるために

本記事をご覧頂いている皆様の中には、仕事をされている方も多いと思います。


仕事とは誰かを助けることですから、仕事をすることは社会の中の「助け合い」に参加していると言い換えても良いでしょう。人の役に立つことが仕事になり、人はその仕事に対価を支払います。


しかし、劇的な変化が起こっている現代社会では、機械が人よりも人の役に立ってしまうかもしれません。


英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授は、その論文の中で、「人が行う仕事の約半分が機械に奪われる」と予測したのは有名な話でしょう。


オズボーン准教授は、その論文でこのように結論付けています。


For workers to win the race, they will have to acquire creative and social skills.

労働者が(AIとの)競争に勝つためには、創造的で社会的なスキルを身につける必要がある。


私たち、そして特にこれから労働市場でAIと戦わなければいけない子供たちは、創造的で社会的なスキルを身につける必要があるのです。


では、このような創造的で社会的なスキルとは、一体どのようなものなのでしょうか?










創造的スキルは、斬新で価値のあるアイデアや、芸術を生み出す能力と言われています。


深層学習により、今後はAIにも創造的スキルが実装される可能性はありますが、現在では人の手助けが必要であり、AIに代替されてはいないと言ってよいでしょう。


また、人は過去の情報が無くても、常識や直感、感覚といったもので判断ができますが、AIにはできません。


「とりあえずやってみる」ようなことも、圧倒的に人が得意とするところでしょう。


社会的スキルは、交渉や説得、気遣いや共感といった能力と言われています。


こちらも研究は進んでいるようですが、人間の自然な感情をリアルタイムで認識するという能力は、まだAIにとって難しい問題のようです。


また、社会的なスキルはAIが進化したとしても、人に受け入れられるか?という問題もあります。


例えば、子供が通う学校の先生がAIだったら、どうでしょうか?

また、医師から診断結果を教えてもらう場面で、AIだったらどうでしょうか?


やはり人の心情として、共感をもって寄り添ってもらいたいと思うのではないでしょうか。










AIはここ数年で更に機械学習や深層学習により進化をしています。

これから到来するAI時代がどのようなものになるのか、まだ誰も確実な予想はできないでしょう。


私たちができることは、創造的で社会的なスキルを身につけ、そして子供にも教えることです。


過去にも機械に労働が取って代わられた時代がありますが、人は教育によって新しいスキルを獲得し、機械を活用・共生してきたのです。


子供たちにこのようはスキルを身につけさせる教育を行うことも、私たちの大切な「仕事」の一つなのではないでしょうか。


メルマガ登録

メルマガ会員には、有料サービス申し込み時のクーポンや、最新の動画・記事公開のお知らせをお送りします。

運営会社はこちら

|